1. TOP
  2. 池本酒造について
池本酒造について

池本酒造は、滋賀の琵琶湖の北西、今津町の旧街道に軒を構える、小さな小さな田舎の造り酒屋です。

受け継いだ蔵。

今から数年前に、四代目蔵元であった親父が亡くなり、
また、私が生まれた頃からこの蔵で酒を造り続けてくれた杜氏もいよいよ高齢で引退し、現在では、五代目となる私、池本浩久が、蔵元と社氏を兼任させて頂いております。

一般的には、蔵元(=経営者)と、社氏(=醸造技師)は、別の者が務めることが多いのですが、蔵元自らが酒をも造るスタイルを「蔵元社氏」と呼びます。

私は恐らく、蔵元社氏としては国内最年少だと思います。

つまり私は、日本でいちばん若くして蔵をまるごと一軒任されている、日本一幸せな酒職人であり、とても有難い事です。

こんな恵まれた環境を与えて頂いているにも関わらず、「じゃあ、その有難さを存分に生かしきれているか?」と自問しては「いやぁ、まだまだ護りに入っている...」と自答しながら、"新しいこと"、"よその蔵がやってないこと"、を日々模索しています。

若輩者が申し上げるのは恐縮ですが、
これからの時代、酒も酒造りも、酒の在りようも、酒の意味も変わっていきます。

小さい事は良い事。

こんな時代においてこれからの蔵は、「小さい事は良い事」になります。

この意味を活字や言葉で表すと、
誤解を招き兼ねませんからあえて申し上げはしませんが、
しかし、これからの「琵琶の長寿」の姿勢にて表していきます。

「なるほど、こういう琵琶の長寿。」といつの日か頷いて頂けますように。

代表取締役 蔵元社氏 池本浩久

ライン

お問い合わせ 滋賀県高島市今津町今津221 (0740)22-2112

お問い合わせフォーム
ページのトップへ
未成年者の飲酒は法律で禁止されております。